【 WENTWORTH ウェントワース / 木製ジグソーパズル 】

You Tube でもっと知ってください上記写真クリック

ジグソーパズルの歴史[編集]

ジグソーパズルのジグソーとは、英語のjigsaw(糸鋸、いとのこ)のことであり、元々このパズルが木の板を糸鋸で切って作られたことからこの名がついた。1760年頃に、ロンドン地図職人で技師のジョン・スピルズベリが、子供の教育のためにピースが国の形のジグソーパズル(完成すると地図ができる)を作ったのが最初と考えられている。(ウィキペディアより)

 

ウエントワースのジグソーパズルは木の板をジグソーの代わりにレーザーを使ってカットしています。図柄により動物や乗り物がちりばめてあり楽しく作ることができます。サイズは40ピース、250ピース、500ピースがあります。40ピースにはアセンブリーボードのセットもあります。他のサイズには別売にてアセンブリーボードもご用意しています。

【 Micro / 40ピース 】





【 Micro / 40ピース・アセンブルボードセット 】





【 Maxi / 250ピース 】







【 Mega / 500ピース 】